天文台「銀河」|星と森のロマントピア

EN
0172-84-2288(受付時間 8:00~19:00)
free auto translation telephone 宿泊予約

検索
星と森のロマントピア 天文台「銀河」

天文台「銀河」

一度のぞいたらまた見たくなる、新しい世界を体験

星と森のロマントピアの周りにはあたり一面の「森」しかありません。
何もないここだからこそ見えるのが満天の星空。
天体観測にはもってこいの場所なのです。

満天の星空、太陽、月。天体観測とスタッフの楽しいお話しで宇宙を知る!

星からのメッセージやエネルギーを放って輝く太陽など宇宙の雄大なドラマが見られる、ロマントピア自慢の天文台「銀河」。宇宙の彼方からの弱い光もとらえるハイテク反射望遠鏡(口径40cm)は、青森県内の公開天文台で一番大きい天体望遠鏡です。
また、スタッフが常在しているので、詳しく、楽しく、星座や惑星のご説明をいたします。星好きなスタッフだからこそできる、手作りの模型などを使ったお話しは、お子様にも「わかりやすくて楽しい!」と大人気です!

イベントも開催しております!詳しくはイベントページをご覧ください。
イベント一覧

ブログとfacebookも随時更新中です!
ブログには、星の観察便利な、月の満ち欠けも書いた「天文カレンダー」もあります!
ロマントピア天文台 スタッフブログ
ロマントピア天文台 公式facebook

ロマントピア 天文台「銀河」 外観
青森県内の公開天文台の中では一番大きい40cmカセグレン式反射望遠鏡
お客様に詳しく、楽しく説明

夜空の星だけじゃない!天体観測

夜は何がみえる?

口径40cm望遠鏡 月面クレーター、土星の環、衛星タイタン、木星のシマ、ガリレオ衛星、
火星極冠、彗星、恒星の色、アルビレオ二重星、オリオンのトラペジウム、M13、M57
小型望遠鏡 ミザール、すばる、星雲星団、月のうさぎ、金星、オリオン大星雲、
アンドロメダ銀河、天の川、国際宇宙ステーション

昼は何がみえる?

天体ドーム 太陽黒点、プロミネンス、昼の金星、白い月
小型望遠鏡 岩木山頂上の神社、9合目の鳳鳴ヒュッテ、春のなだれ、白神山地

曇ったらどうする?

館内の展示物、DVD映写、天文図書、望遠鏡操作実技練習をします。

各種望遠鏡

施設内装備品
  • 40cm反射カセグレン式望遠鏡(西村製)
  • 同架:10cm屈折望遠鏡
  • 同架:太陽プロミネンス用Hαフィルター望遠鏡
移動型望遠鏡
  • 20cmセレストロン製シュミットカセグレン望遠鏡
  • 15cmミザール製ニュートン反射望遠鏡
  • 8cmビクセン製屈折赤道儀5台
その他 双眼鏡5台
各種望遠鏡

利用時間、料金など

営業時間

通常期間

4月1日~1月11日、3月20日~3月31日
13:00~22:00(最終入館 21:30)

休館日
毎週月曜日 ※月曜が祝祭日の場合は翌火曜日が休館日
ただし、4月25日~5月6日、7月22日~8月16日、12月29日~1月3日は休まず営業

冬期間

1月12日~3月19日 13:00~21:00(最終入館 20:30)

休館日
毎週月曜日・水曜日・金曜日
※月・水・金が祝祭日の場合は翌日が休館日

料金

ご宿泊のお客様 無料
一般のお客様 大人(高校生以上)200円
小人(4歳以上)100円
※ 大人、小人共に弘前市民は無料

受付・お問い合わせはこちらから
「星見えてる?」コールもお気軽にどうぞ♪

天文台「銀河」専用電話:0172-84-2233
メールアドレス:romantopia.tenmondaigmail.com
利用時間 13:00~22:00(最終入館 21:30)

ロマントピア天文台「銀河」ライブカメラ

星と森のロマントピア天文台「銀河」にはライブカメラが設置されており、弘前市相馬地区の夜空や天気の情報を映像配信しています。

全天候型全天185度の高感度星空ライブカメラ画像

全天候型全天185度の高感度星空ライブカメラ

昼は太陽と雲の動き、夜は星が見えるかどうか遠く離れた地域からでも、ネットで確認できます。
左下の鍋蓋のような部分は天体ドーム、Nの近くの針は避雷針、晴れた日にはCCDセンサーが内部反射し左上に薄い緑の四角形が見えることがあります。
※過去3日間の画像はダイイチ株式会社のロマントピア天文台「銀河」ページ でご確認いただけます。

小さな雲と太陽の光芒、ゴースト。これらを区別するのは見慣れないとややむずかしいかも。
どんより曇っていると太陽もゴーストもなく雲そのものが見えます。

晴れていると主な1等星がはっきり。夏の大三角、ペガススの四辺形、オリオン、北斗七星……、今晩ロマントピアで星が見えるかどうか、を離れた街からでも確認できます。
ただし、この画面で美しい星空が見えるわけではありません。あくまでも晴れてるかどうか、星が見えるかどうか、をリアルタイムで事前確認できる画像です。
夜も月が出ていると、昼の太陽と同じく光芒、にじみ、ゴーストが多く3等星以下はみえにくくなります。くれぐれも月が邪魔しないかどうかをネットで確認してから星空観察しましょう。実はそのまぶしい月もウサギの地形など、結構おもしろいのですが……。

天文カレンダーも掲載しています

月の変化のわかる天文カレンダーを掲載しています。詳しくはお知らせをご覧ください。
月のない夜には画像に天の川も映っています。うすい雲と天の川の見分けは難しいのですが、これかなと思った時はもう見えているはず、ぜひ天文台までいらしてください。

4Kネットワークカメラ(ロマントピア天文台銀河から見た岩木山)

ロマントピア天文台銀河から見た岩木山(4Kネットワークカメラ)

天文台「銀河」のドームから見た岩木山です。弘前公園からみる岩木山よりやや南によっているので9合目の溶岩、噴火口、鳳鳴ヒュッテ、百沢土石流の跡などがよく見えます。
晩秋の岩木山の初冠雪をこのカメラでも確認できます。
※カメラ画像は5分毎に更新されます。

お電話でのご予約・お問い合わせ

0172-84-2288(受付時間 8:00~19:00)
free auto translation telephone

インターネットでの検索・ご予約